「特効薬」を一日も早く

コロナとの闘いは膠着状態でジリ貧の観があります。
コロナの客観的指標が改善傾向に有るので規制を緩めると
途端に悪化し緊急事態宣言発令等で締めていくの繰り返し。
正にいたちごっこです。
この事態の出口は特効薬の登場を待つしかないのではないでしょうか。
 このコロナ禍を火事に例えれば今のやり方は江戸時代の火消しの様です。
当時は高圧で水を掛けられなかったので破壊消防だったと聞きます。
燃える材料(家屋など)を破壊して燃え広がらないようにしていたようです。
感染拡大防止の為外出自粛、ソーシャルディスタンスの確保に相当することでしょうか。
しかし大量に水を掛けるという部分は消火活動には絶対必要だと思います。
それが「特効薬」にあたるのではないでしょうか。
 火災通報でいち早く出動し水を掛ける・・・
この部分が今のコロナ対策に欠けている様に感じられて歯がゆいし
社会不安の元とも成っている様に思われます。
 昨年前半までは治療薬の報道があったと思いますが、
現在はほとんど伝えられていないのではないでしょうか。
重症患者にはどんな薬剤が投与されているのか。
ホテルや自宅で療養中には薬は服用しているのか。
など医療最前線の戦い方の情報が欲しいところです。
 「医療従事者の方々に感謝します、頭が下がります」
等々だけではなくちゃんと武器があるのか、
勝算が有って戦っているのか具体的な話が聞きたいものです。
 インフルエンザが大流行しても社会活動が停止することが無いのはなぜでしょう?
 治療薬が有るからだと思います。
結核も治療薬の無い時代は恐怖の対象でしたが今はほとんど話題にもならなくなりました。
(現在も恐ろしい病気に違いありませんが)
 コロナもそうなる時が来るのは間違いないと信じてはいますが、
一刻も早く「特効薬」が出て欲しいと切に切に願う今日この頃です。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
—————————————————————————————
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
—————————————————————————————
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

舌禍防止策について

最近頓にニュースの鮮度が落ちるのが早い。
ひょっとするともう忘れている向きもあるかと心配しております。
某団体トップの「舌禍事件」である。
一時は彼の顔を一日数十回も見せられたものだが
この頃はとんと拝見しない。
心配する所以である。
 ともあれ何故「舌禍」が起こるのか?
「心にもない事を申しまして大変申し訳ございません」
 などと謝罪する輩もあるが笑止千万な事で、
「心にない事」が口をついて出るわけがない。
 心の中で繰り返し繰り返し精錬鍛錬された強固な信念こそが
口をついて出るのだろうという事は誰でも容易に想像出来るのでは
ないでしょうか?さてその信念の中身こそが問題で、
世の大多数が賛成できるものならば良いが拒否される内容ならば
今回の様な「舌禍事件」に発展することになります。
 そこで舌禍防止策は?心の中の信念とは何か・・・
畢竟それは「言葉」でしょう。
 聖書の有名な「はじめに言葉ありき」を私なりに解釈すれば
「言葉があって(名付けられて)初めて事物は存在し得る」
という事ではないかと思います。
つまり言葉で表現されないものは存在しない
(名づけられていない事物は存在しないか存在を認められていない)
という事だと思われます。
こう考えると舌禍防止策は簡単ですね。
 心の中から問題になりそうな言葉を一掃すれば解決です。
三十年ほど前でしたか「放送禁止用語」というものが問題になりました。TV番組でコメンテーターが問題発言すると横でアナウンサーが
「ただいま不適切な発言がありました。大変申し訳ありません」
等と謝罪し、当の本人は訳が分からずキョトンとして居るというような
珍場面が見られたものです。
 それも今は昔、コメンテーターも慣れたもので絶対と言っていいほど
禁止用語発言はありません。
「危ない人」は淘汰され「わきまえた人」だけが出演を許される
ということでしょうか。
つまり「放送禁止用語」のカテゴリーに有った事物は消えたのです。
 逆さに振っても問題発言の出てこない人間教育。
これこそが舌禍防止の要諦です。
 ただしそれが理想的な世の中なのかどうか議論の分かれる所だとも
思います。
 古い映画を放送する際に
「この作品には現代では問題となる表現がありますが、作品の価値を尊重してそのまま放送致します。ご了承ください」
等のテロップが流れることがあるのも事実で、
一筋縄でいかない問題だと思われます。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
———————————————————————————————–
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
————————————————————————————————
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

「東京オリンピック」開催の有無

年が明けてもコロナ禍が収まる気配はありません。
 それに関連してオリンピック開催の是非についての論議が
喧しくなっています。
 私、門外漢の素人ながらどの論も隔靴搔痒、ピンと来ないので
陳腐な私論を述べてみます。
 先ずは一昨年のマラソン会場変更の経緯を思い出して頂きたい。
私、あの時ほど吃驚したことはありません。
急に東京から札幌に会場変更の報道があったと思ったら、
IOCのバッハ会長が「決定事項だ」と言いに来日しました。
「日本国も東京都もJOCにも意見は聞くつもりは無い。もうIOCで決めたことで変更は有り得ない」と申し渡しに来たのでした。
 私はその時目から鱗が落ちる思いがしました。
「そうかオリンピックの全ての決定権や権限が有るのはIOCだけなのか」
と生まれて初めて知った次第です。
開催国や開催国のオリンピック委員会、開催都市には権限がないというのは
驚きでもあり些かショックでもありました。
私のその知見からすると今回の議論の帰結は自ずから明らかでありましょう。
 IOCにおいて「開催」か「中止」「延期」等を決定し
バッハ会長がそれを表明し、開催国がそれを承って粛々と
そのようにすればいいだけの話ではないでしょうか。
 マラソン会場変更の件、思い出してください。
恰も決定権が日本にあるかのような議論はもう止めましょう。
ボールはIOCにあります。
この件の取材はぜひIOCに行なって欲しいと思います。
私もIOCの本音が知りたい所です。(門外漢のたわごと多謝)

渋沢栄一翁の大河ドラマに期待

昨年あたりから「人物」が居ないと言う話を
チラチラ聞くようになりました。
 私なりにその説を要約すると、世の精神性をリードする様な
大人物の払底を嘆いているらしく聞こえます。
だとすれば私も諸手を挙げて賛同するに吝かではありません。
 例えば私の若い頃には松下幸之助氏が松下電器の
総帥であると同時に生き方指南のカリスマでもありました。
「経営の神様」とも呼ばれていました。
人間としての正しさが政治や経済の基本であり、
それあってこそ良い世の中が実現するのだと主張されていると
私は理解していました。
 ところがいつの間にか人の道を説くのはカッコ悪いことになり、
欲望を肯定しドンドン金儲けするのがカッコいい事に成りました。
 この流れの中で渋沢栄一翁の大河ドラマが放映されるのも
意味があることかも知れません。
 翁は「論語と算盤」を著述され、経済は算盤だけでは
ダメだと主張しました。
 私などが経済の基本は高い精神性にあるなどと言っても
嘲笑されてお終いでしょうが、日本経済の父が言うから
皆耳を傾け心服もするというものです。
 どうか各界トップの方々にはやせ我慢であっても
「立派なこと」を言い続けて欲しいと思うのです。
この大河ドラマがきっかけで立派な人間性こそカッコいいと
思う流れに立ち戻る事を願っております。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
———————————————————————————————–
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
————————————————————————————————
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

「経済を回す」について

「彼方立てれば此方が立たぬ」等と昔よく聞きました。
 今、日本で起きているのはそのことと思われます。
「コロナ対策」と「経済対策」の両立をどうするかの議論が
あるようですがなかなか難しい事のようです。
 頭の良い方々が散々知恵を絞っていることと思いますので
今更愚考を披露するまでもないのですが、恥を忍んで書いてみます。
 「GOto事業が感染を拡大させていると言うエビデンスは無い」
との意見もありましたがボチボチそのエビデンスが出てきているとの
報道も出始めている様です。
 普通に考えればコロナウィルスを持った人間があちこち移動して
ばらまいて拡大させているのでしょうから、対策としては
「人の動きを止める」これに尽きるでしょう。
 反面、人が動いてお金をばらまかなければ経済は冷え込んでしまいます。
対策としては盛んに人を動かして散財させれば景気が良くなるでしょう。
 以上のことから「彼方もこちらも立てる」には
「コロナウィルスをばらまかず、お金だけばらまく人」
だけ動かせば解決です。
 細かい方法論を述べるだけの見識を持ち合わせないのが残念ですが、
金があるかどうかの判定は兎も角「ウィルスをばらまかない人」の
判定さえ出来ればこの案は実行可能でしょう。
 「そんなの誰だって考え付くわ」
「感染させない人間なんて簡単に分かる訳ないだろう馬鹿じゃないか」
等々聞こえてきそうです。
私も大事な問題だとは思いますがこの辺が愚考の限界です。
ほかに目の覚めるような「コロナ対策と経済対策」の
両立案があればご教示いただきたいと思っております。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
 -----------------------------------------------------------------------------------------------
 膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
 神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
 ------------------------------------------------------------------------------------------------
 諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。
 

快眠・快食・快便

最近、お医者さんがあまり言わなくなった言葉です・・・
「快眠快食快便」。
素人っぽくて時代遅れな感じが嫌われているのでしょうか?
専門用語や横文字を並べるとプロフェッショナルらしいという
事でしょうか?
以前、バブル崩壊後バブル紳士達の自殺が相次いだそうですが、
自殺を免れた某バブル紳士の話を何処かで読んだ事が有ります。
こんな話でした「友人知人が債権者に責められて皆おかしくなって
(飯が食えなくなり眠れなくなり)次々自殺していった。
よーし俺は絶対死なねーぞって食欲無くても無理矢理飯食って、
眠れなくても布団かぶって目をつぶったよ。
それで今こうやって生きて居られるんだ。
未だ数百億円負債があるけど死ぬ気にならないね」
東洋医学的にも彼の行動は理にかなっています。
自殺の要因にうつが有ると言われていますが、以前気功の先生に
気虚があるとうつになりやすいと聞いたことが有ります。
東洋医学の要諦は「正気の補と邪気の瀉(しゃ)」
つまり生命エネルギーの潤沢な補給循環と老廃物や害毒物の速やかな排出。これに尽きます。
腹一杯飯を食い、たっぷり寝て便通が良ければ気が増幅して来ます。
つまり気虚を脱した事に成ります。
気が満ちてくる楽観的に成って「何とか成るだろう」と思い始めます。
そして自殺回避の可能性が出てくるのではないかと思います。
俗っぽくは有りますがコロナ禍のいま「快眠・快食・快便」で
心身両面のメンテナンスいかがでしょうか。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
-----------------------------------------------------------------------------------------------
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
------------------------------------------------------------------------------------------------
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

「コロナうつ」私見

先月に引き続きコロナ関連の独断と偏見です。
もう40年も前に某気功の先生が「うつ病は気虚である」
つまり気が足りないのだと言っておりました。
反対に気が溢れて来ると「妙に陽気になる」とも話していました。
若い私は「なるほど気の多寡が気分を左右するのか」
と感心しなぜか印象に残っています。
さて「コロナうつ」です。
「うつ」というからには「気虚」ありと私は考えています。
人は(正に)気の合う者同士で語り合い、飲みかつ食べ、
盛り上がり気を増幅するのです。
人間は社会的な動物だと言われますが、群れなければ生命力が
衰える生き物なのです。
ところが今年突如世界中の人が触れ合いじゃれ合い口角泡を飛ばして
肉体を接触しての生命力の増幅に制限を掛けられる事態が勃発しました。「コロナ禍」です。
「コロナうつ」からの自殺も様々に取り沙汰されています。
早急に安全な気の増幅法が求められるところですが一朝一夕には
解決しそうにありません。
そこで「気の医学」とも言われる漢方医学と気功は如何でしょうか?
何時かまた心置きなく群れ合えるその日まで「気虚」にならない様に、
孤独にならない様に五千年の人類の知恵を体現してみるのも
必要かもしれないと思う今日この頃です。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
-----------------------------------------------------------------------------------------------
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
------------------------------------------------------------------------------------------------
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

ウィズコロナ私見

先頃より頻繫に「ウィズコロナ」と言う言葉が飛び交っています。
様々見聞を総合し。独断と偏見をもって些か私見を述べたいと思います。
畢竟「ウィズコロナ」とは「今人類が当たり前に思っている
『ウィズインフルエンザ』と同じ様に考え、生きて行きましょうね」
という事でしょう。
毎年「今年のインフルエンザは○○型です」「予防接種は早めに」
「学級閉鎖が××小学校でありました」等のニュースが流れ、
聞いている我々も大した感情の変化なく日常が流れていく。
正にインフルエンザと共に生きている「ウィズインフルエンザ」の姿です。そして実は毎年インフルエンザで2000人もの死者が出ているのに
ことさら報道されることはないようです。
そのせいかインフルエンザに恐れおののく人をあまり見たことが
ありません。
ご存知のようにコロナ禍により世界は大混乱ですが
「コロナともインフルエンザと同じ様に付き合って
社会生活を正常に戻そう」と言う主張なのでしょう。
何処かに「あんなものはただの風邪だ」と言っている人がいたようですが、その様に生きて行けばいいと言うように聞こえなくもありません。
いずれはそんな時代もくるでしょうが、それには条件があります。
「特効薬」と「ワクチン」がきちんと用意されている事。
これに尽きます。
ウィズインフルエンザと同等の感覚でのウィズコロナならば
私も認めることに吝かではありませんが、
先の二条件が満たされないうちは首を縦に振れないのが正直なところです。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
-----------------------------------------------------------------------------------------------
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
------------------------------------------------------------------------------------------------
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

また藤井棋聖の事

先月に引き続き藤井棋聖の事です。
先月棋聖の初タイトルに輝き、いやが上にも人気が高まっています。
私も熱い視線を送っている一人でありますが・・・。
棋士の世界は「天才集団」とのことですが、
藤井棋聖の盤上の活躍は天才達がビックリさせているようです。
AIは4億手先まで読むと言われますが、藤井棋聖の指し手は
6億手まで読まないと解らないとも評されています。
羽生永世七冠以来の逸材とも言われています。
そして私が「気持ちがいい」と思うのは、
「盤上に世間のしがらみは一切無い」という事です。
「○○さんにそんな手を指していいと思っているのか」だの
「誰に断ってそんな手を・・」だの「前例がない」だの
「十年早い」だの理不尽を感じる事が一切無い事です。
今彼は棋聖として王位戦に臨んでいます。
この不条理な世の中で「純粋な盤上の戦い」に全力で当たって
一服の清涼剤になってほしいと思っています。


茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
———————————————————————————————–
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
————————————————————————————————
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

藤井七段の事

将棋の藤井聡太七段のことです。
マスコミで騒がれ出した頃から注目していました。
私の「天才好き」のアンテナに引っかかったという事でもありますが、
彼の「快進撃」を楽しみに見ておりました。
因みに私、将棋は小学生の頃以来指していないという正真正銘の
門外漢であります。
これは理数系がからきしダメなくせに「天才数学者」に憧れが強く
彼らのエピソードを楽しく読んだりする私の性質に通じているのでしょう。
そういう事なので、悔しいことに「天才達」が何を成し遂げ何が凄いのか
解らないのです。
しかし、藤井七段の対局の解説者(プロ棋士)も、「正直理解不能」
等と言っております。
安心しますね~。
尤も「理解不能」のレベルが違うでしょうが・・・。
そのレベルが高い方の「理解不能」について藤井七段の師匠の
杉本八段がTVインタビューで言ってました。
「何でこんな素人っぽい手を指すんだ?」と訝しく思い
「こんな手を指したら師匠から怒られます」
「私でも指導対局なら注意するでしょう」
「でもその手を渡辺二冠は咎めることが出来ませんでした。
とても戸惑っておられるでしょう」
そしてこんな手をさしますか?と問われて
「いやこんな手で負けたら(プロとして)恥ずかしいから指しません」
とキッパリ否定していました。
私はここに藤井七段の凄さが凝縮していると直感しました。
アインシュタインの相対性理論は発表時
「理解出来る者は世界に三人しか居ない」
と言われたと聞きましたが、それは「誰にも解らない」と同義でしょう。
しかし彼は物理学の世界を変え、現在も天文学の新発見が彼の正しさを
証明し続けています。
時代の変わり目には「見たこともない世界」を見せてくれる
大天才が現れると聞いています。
藤井七段も将棋の「定跡」を塗り替える大天才の道を歩むことを
期待しています。


茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
-----------------------------------------------------------------------------------------------
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
------------------------------------------------------------------------------------------------
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。