スポーツ指導の闇

いささか旧聞に属しますが、某校ソフトボール部女子生徒が監督から
殴られて顎が外れた事件を皆様ご記憶でしょうか?
「そんなことあったっけ?」と思われる方も多いのではないでしょうか。
その報道の後のニュースの洪水に押し流され忘れ去られても致し方無かったかも知れません。
しかし私は「またか!」と思いながらも何故スポーツ指導の現場のこの種の事件が
後を絶たないのか?不思議を通り越して奇怪としか思えないのです。
先ず、疑問の第一は「何故この監督は暴行障害で逮捕されないのか?」
常識的には警察に連行取り調べを受けるべき事案であると思われます。
次に、TV報道で学校側の記者会見を見ましたが「お騒がせして申し訳ない」
としつつもあまり悪びれた風はなく「熱心な指導をして頂いた」等と力説する始末です。
「熱心な指導」とは「殴る蹴る怒鳴りつける」の別名なのでしょうか?
スポーツ現場とは無縁で生きてきた私には困惑する事ばかりです。
そう言えば就職難の時代に「大学運動部出身者は優先的に内定がもらえた」らしく、
某ラジオ番組で大企業の採用担当者が「運動部出身者は理不尽に耐える力がありますから!」
と力強く語っていたのが印象に残っています。
つまり会社の無理難題にも「押忍!」と言って従順に対応出来る使い勝手の良い人材を
求めているということでしょうか。
また、某運動生理学研究者曰く「パワハラ指導は短期決戦には有効」とのことです。
つまり中学・高校の三年間(実質二年)なら学校の期待に応えられるのかもしれません。
反面、長期化すると効果は激減する様です。
折角就職したのに三年程で転職する社員が少なくないと聞きますが
そんなことも関係しているのかもしれません。
いずれにせよスポーツ門外漢の私は次のように考えます。
①「熱心な指導」をする人間を任命したり重用したりしない事。
➁ 傷害事件に該当する事案については速やかに警察に通報すること。
(教育現場は治外法権等と勘違いして図に乗らない様に)
学校スポーツの現場は各種ハラスメントが問題視される世の流れから大きく遅れていると思われます。
いずれにせよパワハラ無しできちんと好成績を残せる指導者が増えて多数派になる事を願うばかりです。


茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院 —————————————————————————————
 膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)
腰痛 神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症
運動器疾患
 ————————————————————————————--
 諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

エネルギー問題に朗報

今夏電力逼迫による節電要請が有った事は記憶に新しいところです。
発電のためのエネルギー不足を改めて突き付けられた格好でした。
ところが9月23日に注目すべき記事に接しました(東京新聞)。
沼田昭二氏(業務スーパー創業者)が本格的に
「地熱発電」に乗り出したと言うのです。
一読、私は「地熱発電」こそ次世代エネルギーの大きな柱になると確信しました。
記事中「『子どもたちのため、将来のリスクを減少させたい』と
2016年に、新会社『町おこしエネルギー』を設立した。」とあり
「日本は世界3位の地熱資源国とされる」ともありました。
氏は掘削機を自前で作るなどして時間と費用の削減を実現し
2024年操業予定とのこと。
太陽光発電や風力発電の陰であまり注目されてこなかった
「地熱発電」ですが、天候等に左右されない有望株と考えていいのではないでしょうか。
私はこの記事中沼田氏の「憂国の情」と並々ならぬ
地熱発電に対する情熱を感じました。
微力ながら大いに期待すると共に陰ながら応援しております。
「沼田昭二さん頑張ってください!」

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院 —————————————————————————————
 膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)
腰痛 神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症
—————————————————————————————
 諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

TVドラマとコロナ禍

私は大のTVドラマ好きです。
特に刑事物や弁護士物を好んで見ています。
「相棒シリーズ」は欠かさず見ていますし、「元彼の遺言状」も
テンポの良さに惹かれて最終回まで堪能しました。
しかし見ていて違和感があるのはどのドラマが描くのも
「コロナ禍」のない世界です。
なぜ誰もマスクをしていないのか?
何故誰もコロナの話をしないのか?
なぜ現実世界で我々が日常行っているコロナ対策と苦悩が
ドラマの中から立ち上がって来ないのか?
全く私にとっては謎です。
これについて制作側の弁明も批評家等からの駄目だしも
私は寡聞にして知りません。(もし有りましたらご容赦ください)
ひょっとしたらドラマで描く世界は次元の異なる
パラレルワールドでそこにはコロナなど存在しないのかもしれないと
思いながらTVに向かう日々です。
でも、役者どうし顔を近づけて大声を出す演出はやめていただけませんか?
どうしても「あ~飛沫が・・・」とか「この二人、感染するんじゃないか」
など余計な心配が先に立って興ざめしちゃうんです。
お願いしますよ。
コロナ禍を描かないなら「せめて感染の不安を感じさせない演出を!」と、
いちTVドラマ好きのボヤキと切望でした。
つまらぬ愚痴、失礼いたしました。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院 ———————————————————————————————–
 膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症
・弾発指(バネ指)・腰痛 神経痛・リウマチ・頚腕症候群
・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
 ————————————————————————————————
 諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

 投票率向上私案

2022年7月10日の参議院議員選挙も低投票率が心配されているようです。
そこで素人の怖いもの知らずで珍説を開陳したいと思います。
そもそも投票で何を決めているのかと言えば「国会の勢力図」に他なりません。
健康に関心のある方は「腸内フローラ」という言葉をご存知だと思います。
腸内細菌叢がまるでお花畑のように見える事から名付けられたようです。
善玉菌、悪玉菌,日和見菌などがバランス良く存在する腸の持ち主は健康だと言われています。
国会勢力図も「国会フローラ」と言い変える事ができるかもしれません。
国民それぞれが「日本が健康になるためにはこのバランス」と言う思いがあるはずです。
一般的には「この人」と思う人に一票を投じましょう等と言われますが、
国会に送り出してみればその人は忽ち大勢の国会議員の中に紛れて
分からなくなってしまうのではありませんか?
ニュースで聞くのは「○○党が」とか「××党は」と言う集団の話ばかりです。
言うまでもありませんが国会では多数派が意見を通すことで運営されていきます。
しかしこの一番大事な「国会フローラ最終予想図」の報道や情報がほとんどないし、
自分の理想とするフローラにする為にはどんな投票行動が良いのかも情報がありません。
改善策として「選挙区選挙全廃」「比例区のみ投票」を提唱したいと思います。
つまり「おらが町の先生」など地域の選出議員という形を撤廃し投票は
「○○党」「××党」と政党名のみにします。(一人政党も有り)
次に選挙報道です。
今、マスコミは選挙運動期間中は腫れ物に触るように特定候補者の
有利にも不利にもならないようにそーっと息をひそめるようにしていますが、
おかしくありませんか?
投票行動を促すならもっとお祭り騒ぎで投票所へ行きたくさせなくちゃ駄目じゃありませんか?
マスコミのリサーチの実力は開票速報ですぐに「当確」を打てるほど確かです。
選挙運動期間中も投票日にも賑やかに「国会フローラ」の状況を伝えるべきでしょう。
リアルタイムに自分の投票行動が「国会フローラ」に繋がっている面白さを刺激し続けるのです。
通販番組で「残り〇個になりました」「あっ今3個売れてしまいました。お急ぎください!」というあれをやるのです。
因みに「比例区のみ」にすれば「死票」は激減します。
投票した候補者が落選すればその人の獲得した〇〇万票は
「死票」で投票した人の労力はすべて無駄になります。
こんな力の抜けることはないでしょう。
「比例区」ならば国会に何らかの力を及ぼした実感が持てると思います。
また、「全国一律比例区」ならば一票の格差も解消されるはずです。
このように「選挙のエンタメ化」と「国政参加の実感」が投票率向上に寄与するのではないかと思います。
もっともそううまくいくかどうか保証の限りではありませんが・・・。
あくまで素人の戯言。どうぞ笑ってご容赦下さい。


茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院 ———————————————————————————————– 
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛 神経痛
・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患 ———————————————————————————————— 
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

「コロナ禍」は終わったの?

昨今のマスコミ報道からめっきりコロナ情報が減った。
感染拡大時に終日コロナ情報で埋め尽くされていた事を
考えると違和感を禁じえません。
「国民がコロナなど忘れて経済活動に勤しむ」
方向に舵が切られたのでしょう。
政財界だけではなく医学界からも
「もうマスクはいんじゃね?」
的な話も出ていますから政財官及び医学界より高次からの
意思決定かも知れませんね。(陰謀論好き?)
インバウンドも着々と復活に向かって事業が進行しているようです。
「でもコロナ医療の最前線はどうなってるの?」
と腑に落ちない私は危惧しております。
あれほど医療逼迫!と悲惨さを訴えていたマスコミの
報道がないのは何故でしょう?
救急車に乗れば速やかに専門病院に運んで頂けるのでしょうか?
自宅療養中に症状が悪化して死んでしまうなどと言う
悲劇は無くなったのでしょうか?
一般のクリニックで処方してもらえる
「特効薬」は何時できるのでしょうか?
世界中でコロナ禍が終わったかのような振る舞いが見られるのは
「その様にさせたい動き」と「単なるコロナ慣れ」
によるものとしか思えません。
コロナの危険性は何ら変わっていないと考えます。
せめてマスコミの方々にはコロナ医療の現状を
報道し続けてほしいと願います。
ついこの間まで「正しく恐れる」のが大切と言ってたじゃありませんか。
報道規制が無いのであれば是非是非お願いしたいと思う今日この頃です。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院
———————————————————————————————–
膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛
神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患
————————————————————————————————
諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

コロナ禍起業増えた

標記の見出しで「開業率」増加の報道がありました。(東京新聞4月20日)
「開業率」は毎年中小企業庁がまとめる「中小企業白書」で公表されており
「2020年度分が、5.1%と前年度から上昇に転じることが分かった」という。
(前年度比20%増、事業所数では10万超)自治体の助成制度や融資が
受けやすくなっている等が追い風になっているようです。
当コラムでは以前より独立、開業をお勧めしていたのでこの傾向はご同慶の至りです。
開業に踏み切られた皆様のご成功をお祈りする次第です。
一方、気になる報道もありました。「『就活』長期化拍車か」(東京新聞4月21日)
の見出しで、大学3年夏休みの「インターン情報」を採用で使えるようになった、
つまりほぼそこで堂々と有望株を囲い込んでしまうことを国が追認した格好だと言うのです。
また、同記事によれば学生は2年生のうちにインターンの情報収集や準備に追われるなど、
就活の長期化で学業に身が入らなくなるだろうとも言います。
その背景にはルールに縛られない外資系企業に早々と優秀な学生を持っていかれる
焦燥感があると言われ、他方中小企業は早々と学生を囲い込む態勢は無く
「採用したくなる子は大手が取ってしまう」と嘆いているという構図がありそうです。
また、以前から指摘されているのは新卒採用社員の定着率の悪さです。
3年以内の退職が多いと聞きます。大学入学早々から学業に身が入らない程
前のめりに就活したのに、何があったのでしょうか?
詳細綿密なリサーチが必要な現象だと考えます。
もし私が就活するならじっくりと中小企業の中から総合的に自分と
相性の良い会社を探して行きます。
「寄らば大樹」的な考えも見直すべきでしょう。
昨今の円高の要因の一つに、
「日本企業は既に投資したくなるような魅力を失っている」説があります。
日本の学生が大樹と信じる「大企業」は世界が仰ぎ見、憧れる「大樹」でしょうか?
世界が評価する伸びしろのある中小企業はないのでしょうか?
考えるべきことではないかと思います。
身を寄せるべき企業がなければ起業も選択肢として考慮してもいいのではないでしょうか。
報道によると今日本は起業に追い風が吹いているようですから
就活しない起業学生が増加する事を夢見ております。

「年をとったら食べなさい」





表題は今回お勧めしたい本の書名です。

私事ですが若いころから「やせすぎ」で世の中に「太る情報」が

皆無なのに苦慮していました。

未だにBMI16!という状態です。

しかも相変わらずの「やせる情報」の洪水です。

そこに彗星のように現われた救世主がこの本でした。

若いうちは「18歳未満禁」並みに危険な本かも知れませんが

高齢になったら「聖典」といっても過言ではないでしょう。

本の内容は「高齢になっても食事制限していると寝たきりになります」

という警世の書で、

「血糖値を下げすぎるな」「コレステロール値は低いほうが問題」

「腎臓が悪くてもタンパク質制限必要なし」「塩分気にするよりもりもり食べろ」

などなど常識がひっくり返る情報が満載です。

太れ太れと後押ししてくれるのも心強い限りです

(BMI27が一番死亡リスクが低い由)

自分は肥満体だと思っている方も、私のようにやせすぎで悩んでいる方も一読、

勇気の出る本ではないでしょうか。

なんと言っても「命を守るためにとにかく太ってください!」

がキャッチコピーの本ですから。

因みに著者在宅医療の医師です。

「年をとったら食べなさい」佐々木淳 飛鳥新社 1273円+税

最近の医療・健康情報で一番のお勧めです。

「軍事力による現状変更の試み」考





ロシアによるウクライナ侵攻の報道が連日為されています。

死の恐怖に曝されているウクライナ国民の皆様に一日も早く

平穏な日常が戻ることを願うばかりです。 

作家の佐藤優氏は週刊新潮誌上でプーチン大統領の理屈を

絵解きされていましたが、どんな理由があれ氏が書いている様に

「ロシアの行為は全く是認できるものではありません。」

しかし、今回の軍事侵攻で様々感じた事があります。

一つには「『うるせぇ、ゴン!』で解決」

(砂川文次氏:第166回芥川賞受賞者のインタビューより)

という思考回路の人がいるということ。

もう一つは今回の軍事侵攻を即座に止める方法が無いということ。

(経済制裁や非難の演説を繰り返している間にも戦闘は続いている)

そして最も重大な事は「やったもん勝ち」の結果になりはしないかという危惧です。

全面核戦争への恐れからNATOやアメリカが軍事力を行使出来ないのを

見越してロシアが当初の目的を達成し快哉を叫ぶのではないかという恐れです。

もしそうなれば後で各国が言葉の限り非難したところでごまめの歯ぎしり、

ロシアは馬耳東風でしょう。

そしてもっと悪いのはロシア同様「軍事力による現状変更」を

試みようと企図している国々に勇気と安心感を与えてしまいかねない事です。

正に「なーんだやったもん勝ちじゃないか」

と思われてしまうんじゃないか。

それが何より不安です。

最後にこれも今回気が付いた最大のパラドックスです。

「核抑止力はロシア側に有利に働いている」ということ。

つまり核戦争の可能性をちらつかせればやりたい放題出来るという

核兵器を持ち合うことで平和が保たれる

「核抑止力による平和均衡」の幻想が揺らいだ出来事でもありました。

いずれにしろ一日も早くかの地に平和が訪れることを祈るばかりです。

  川口加奈さんと「おっちやん」

久々に感動的な本にめぐり合いました。長い書名です。

「14歳で“おっちやん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた『働く意味』」

書名に全て表されていますが、中二の少女がホームレスのおっちゃん達に

強い関心を持ち、炊き出しのボランティア活動に参加する所からスタートし、

遂に支援団体Homedoorを立ち上げる実体験の話です。

何故おっちゃん達は屋外で生活しなければならないのか。

どうしたらそんな辛い生活から抜け出せるのか。

私にできることはないのか。

そんなある意味素朴な思いをずーっと持ち続けて理想的な支援の形を創り上げていく

過程に只々圧倒されました。

最初からきれいな形に出来上がった訳ではありませんが、様々な人や出来事との出会いがあり

別れもあり現在の姿に収斂していく所は運命の不思議も感じさせました。

おっちゃんの働く場としてシェアサイクル事業を立ち上げたり、

短期宿泊施設を作ったり(おっちゃん達のことを考え個室を用意)

ホームレス状態からの脱却の本当の支援は何か教えられること、頭の下がることばかりです。

今、ホームレスになる人が増えていると聞きます。

女性が増えているとも言われています。

現代社会ではホームレス問題の解決が喫緊の課題なのかもしれません。

是非一読をお勧めします。

書名は前述の通りで川口加奈著ダイヤモンド社刊1600円+税。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院

———————————————————————————————–

膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛

神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患

————————————————————————————————

諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。

「 生活していく」ということ

先月のコラムで斎藤佑樹投手のことを書きましたが、

その後マスコミでも割に好意的に取り上げられたり彼自身

「引退後は株式会社斎藤佑樹をやります」

と発言したりで何だかほっとしたような気分でおります。

彼は彼なりで力強く生きていくのでしょう。

期待したいところです。

さて、その生きていく(飯を食っていく)というのは言うまでもなく

「大変な事」です。

以前にも当コラムでさんざん書きましたが

コロナ禍など時代の激変期にもう一度考えてもいいのではないでしょうか。

私の主張はただ一つ「誰かに(或いはどこかに)依存しない生活」

を考える事です。

別の言い方をすれば「就職(アルバイト・パート等も)しない生活」です。

「就活」など過去のものにしましょう。

就活にまつわる悲劇はさんざん報道され周知のものになっています。

こんなバカげた習俗は終わらせましょう。

「下請け企業」も終わりにしたいところです。

親会社或いは重要な取引先を下請けが訴える世の中です。

親会社から切られた中小零細企業がネット販売でエンドユーザーとつながり、

活路を開ける世の中でもあります。

洋菓子店シャトレーゼの社長さんがTVに出て

「以前菓子を納入していたデパートで買わされた500万円の腕時計を見ては勇気を振り絞って自前店舗展開に尽力して来た」

と言っていました。

販売を他所に依存している弱みで買いたくもない高額腕時計を買う羽目になった

口惜しさをバネに今のシャトレーゼを築き上げたのです。

よくよく玩味すべきことと思います。

これから必要なのは「いい会社」「いい組織」など

大樹に身を寄せなくても良い生き方の教育でしょう。

(学校で教えるのは無理かも知れませんが)

そんなこんなで「株式会社斎藤佑樹」楽しみにしています。

引退スポーツ選手のお手本になることを願ってもいるのです。

茨城県ひたちなか市のマッサージ・鍼灸治療 奈良操体療院

———————————————————————————————–

膝や関節の痛み、顎関節症・ムチウチ症・弾発指(バネ指)・腰痛

神経痛・リウマチ・頚腕症候群・五十肩・頚椎捻挫後遺症・運動器疾患

————————————————————————————————

諦めずにぜひ一度、ご相談下さい。